2019-12-19

床色にマッチした家具の材質とは?

店頭にてのお客様からよくいただくご質問として
家の床材の色に合う家具はどんなものがおすすめですか?
というご相談をいただきます。

お部屋の広い面積を床材が占めており、
床材はお部屋の印象を大きく変えるものでもあります。

また、材によって色味や経年変化にも違いがありますので、
材の特長を知っておくと、床材を選びをさらに楽しめることでしょう。

今回は、木材の特徴を含めた床材選びのポイント、
人気の床材とおすすめの家具の材質についてご紹介します。
 

 

床材の色選びのポイント

お部屋の印象で一番メインとなるのが床の色といわれています。
憧れのお部屋のテイストに近い色の材を選ぶと、
理想のお部屋にぐっと近づくことでしょう。
 
 

ナチュラル系

インテリアのテイストを選ばず取り入れやすいナチュラル色の床は
どんなテイストにも合わせやすいインテリアの定番カラーです。

ナチュラルテイストや北欧テイストには
アルダー材やホワイトオークの明るく温かみの感じられる木材をおすすめします。
 

モダンテイストにも、ナチュラル系の床材は合わせやすいです。
シックな雰囲気がお好きな方には、ウォールナットをおすすめいたします。
ほんのり温かみのある空間になります。
 


 

ホワイト系の床材

明るい色合いは、空間が広く見え清潔感を演出します。
白は、光を反射しやすいため空間が明るくなります。
 
少し柔らかい雰囲気がお好きである場合は、
ウォールナットの家具を取り入れると、床と家具にメリハリが出ます。
 
 

ホワイトの床の場合は、無機質な雰囲気であれば
LEO SOFAのダークグレー色や、
KIEL CHAIRのブラックカラーをおすすめします。
 

ブラウン系の床材

ブラウンの床には、モダンな雰囲気のウォールナット家具をおすすめします。
ブラウンの重厚感を引き出すことができます。

床と家具に重みが生じるため、
カーテン・ラグを明るくすればバランスが取れ、圧迫感も軽減できます。
 
 

床材で人気の材質をご紹介します

人気の床材:オーク

優美なメリハリのある木目が特徴のオーク材。
木材としての特徴は、堅くて重厚かつ強度が高く、耐久性に優れています。
硬い材なので、傷がつきづらく安心です。

やわらかい雰囲気のナチュラルテイストから
ウォールナットなどのモダンテイストまで、
さまざまテイストに合わせやすい材質です。
 
 

 

人気の床材:チェリー

 
木目が細やかですべすべとした質感が魅力です。
赤みがかった褐色の色合いが、高級感を引き出します。
ウォルナットのような濃い色の材を使った家具と合わせると
ラグジュアリーな空間を演出できます。 
 

床の色も考慮した家具選びを

これから新居をお考えの方や
お引っ越しされる際などにご参考にされてみてください。
 
 

今回ご紹介した商品はこちら

{$block_img_1_alt}

レッチェ

{$block_img_2_alt}

プレーンデスク

{$block_img_3_alt}

レイリア

 
 

{$block_img_1_alt}

 
今回ご紹介した商品は
ショールームをはじめ
公式ウェブショップにても
ご覧いただけます。
 

家具の豆知識に関するご相談はこちら

 0942-53-7813 平日9:00~18:00

Copyright © 2017 TAKANO MOKKOU CO. LIG inc. All Rights Reserved.